interview

やりがいと成長を実感できる場がここにある

やりがいと成長を実感できる場がここにある

ーPROFILEー

株式会社デルタソリューションズ 派遣事業部 営業
2017年4月、中途入社。新規開拓営業、クライアント先への派遣スタッフの紹介、派遣スタッフの管理・フォローを担当している。

企業と求職者の架け橋となれることが嬉しい

社会人になって水産加工会社、外壁施工会社に勤務し、職人のような仕事をしていました。水産加工会社では、お歳暮商戦に向けた繁忙期などは特に多くの派遣スタッフの方にご協力いただいていました。派遣スタッフの方を含めたチームの運営について相談したことがきっかけで、派遣元の会社の営業さんと接点を持ち、人材業界の仕事についてきかせていただく機会がありました。

2社目では、外壁施工について技術を習得し、それぞれの現場で美しい仕上がりにできたことに対する満足感はあったものの、何か物足りなさを感じるようになっていました。その人材派遣会社の方との会話を思い出し、自分にとって、直接、人と関わり、人のためになるような仕事をしていきたいという気持ちが強くなっていくことに気がつきました。その気持ちを整理するために、改めてその方と連絡を取り、自分の気持ちの変化についてご相談する中で、「簡単ではないですが、求職者と求人企業をマッチングし、双方の方々に喜んでいただくお仕事です。一緒に働きませんか」と背中をおしていただき、デルタへの入社を決意いたしました。

入社当時は人材ビジネスに関する知識がまったくなく、営業職も完全に未経験……。右も左もわかりませんでしたが、先輩や上司に気軽に相談できる環境だったので、迷いなく進めることができ、少しずつできることが増えていく感覚も持て、自身の成長を感じながら働くことができました。

デルタでの仕事をとおして、お客さまの事業への貢献はもちろんですが、求職者ひとりひとりの人生において重要な“仕事”というキャリアを、継続的にご支援させていただけることにとてもやりがいを感じます。関わった方たちから「良い人を紹介してくれてありがとう」「良い職場を紹介してくれてありがとう」といった言葉をいただけるときが、私の心がもっとも動く瞬間です。デルタへ転職してよかったと感じる場面はたくさんありますが、やっぱりお客さまと求職者の方をつなげる架け橋になれることが一番嬉しいですね。

トライアルアンドエラーを繰り返しながら成長できる

デルタの魅力は大きく2つあると感じています。一つは、良い意味で “未完成” なところ。もう一つは、「他責思考」をしない社風です。

デルタでは、行動したことがたとえ上手くいかなかったとしても、「失敗した理由を振り返り、次に活かせばいい」という風土があり、トライアルアンドエラーを繰り返しながら成長することができます。私自身も、お客さまとの商談や提案が成長につながった実感があります。いい意味で“未完成”がゆえに、失敗を恐れず自分から「こうしたい、ああしたい」と率直に意見を出しやすい環境です。私のアイデアに対して上司や先輩たちが真剣に向き合って、お客さまに喜んでいただけるような提案となるようアドバイスをくれ、「まずは、やってみよう」のスタンスで素早く判断してくれます。そういったコミュニケーションをつうじて、新たな学びを得ることができています。

とはいえ、他責思考をなくすのって、自力では非常に難しいんですよね。私が相手のせいにせず自分を見つめ直せるようになったのは、先輩や上司が凝り固まった私の考えを受け止め、ほぐしてフィードバックしてくれていたからだと思います。この考え方を繰り返す中で、困難な課題にも対応できる力が早く身についたと感じています。

入社前は良くも悪くも感情の赴くままに行動しがちなタイプでしたが、デルタでいろいろなことを学ばせてもらううちに、状況を俯瞰して、客観的に判断できるようになってきたと思います。学生時代の友人たちからは「デルタに入ってから変わったね」と言われるのですが、この会社だから、こんなに成長できたんだと思っています。

将来的には、現在の派遣事業での経験を活かしながら、社内の人事領域にも携わっていきたいという想いがあります。社員の一人ひとりが成長し、より活躍できるよう、背中を押してあげられるような、人事担当者になることを目標に、今はお客さまやスタッフの皆さんに最大限貢献できるよう邁進していきたいです。